星の岡心臓・血管クリニックブログ

第56回 愛媛マラソン

2月4日(日) 午前10時号砲で、第56回 愛媛マラソンに出走しました。

極寒の伊予路42.195キロを、なんとか4時間で完走することができました。

 

実は、この2月の愛媛マラソン(フルマラソン)を走るために、

秋から、足作りの為、近県で開催されるマラソンに大会に

できるだけ参加するようにしています。

 

昨年、参加したのは、

10月に、高知県との県境で開催される、竜馬脱藩マラソン

11月に、久万高原マラソン・佐田岬マラソン

12月に、坊ちゃんランランラン

いずれも、ハーフマラソンです。

 

ただその地に赴いて、決められたコースを走って帰るだけ…なのですが、

それぞれの大会、コースに、特徴があるのも、参加の楽しみの一つです。

そして、この10年程、各地方で開催されるマラソン大会に参加していて感じることは、

年々参加者が増え、地区の住民の皆さんによるおもてなしが充実し、

「来てよかった」

「また来年も来たいな」

と、思える大会が増えているという事です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

愛媛マラソンは、全国で開催されるマラソン大会の中でも、

「一度は参加したいマラソン大会」

と評判される、人気の高いマラソン大会です。

 

それはひとえに、大会運営の関係者の皆様、

そして、ボランティアの皆様

沿道で声援を送ってくださる皆さまのおかげだと思います。

 

大会関係者の皆様、

今年も極寒の中、本当にお疲れ様でした。

沿道で、声援を送ってくれた皆さま、

お風邪などひかれていませんでしょうか?

 

本当に、有難うございました。

力になりました。

 

来年も、是非、走りたいと思います!

 

CATEGORY : マラソン 

あけましておめでとうございます

2018年の幕開けです。

 

恒例の、新春城山登山マラソン大会に

参加してきました。

 

DSC_0579 DSC_0580

DSC_0581 DSC_0582

 

 

風は冷たいものの、とても良いお天気でした。

 

ところで、この大会。

年々、参加者が増えているように思います。

特に、今回は、

小学生や中学生の参加者、

そして、

外国人の参加者も目立ちました。

 

県庁裏の登山道から山頂まで、

1.5キロ程の距離ではありますが、

急な坂道を駆け上らなくてはなりません。

 

一位のランナーは、6分ちょっとで、

ゴールするようですが、

途中から歩いて登るのが、ほとんどの参加者です。

 

それでも、年齢、国籍を問わず、

参加者全員で、

一年の始まりを松山城登山で汗をかきました。

 

本年も、スタッフ一同、

皆さまの健康のために尽力致します。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

CATEGORY : ご挨拶 

全国糖尿病週間

11月14日を含む一週間を

「全国糖尿病週間」として、

各地域で様々な啓発イベントが開催されています。

 

糖尿病週間

 

全国に1000万人の糖尿病患者さんがいるとされていますが、

糖尿病予備軍とされる方は、さらに、

1000万人いるのではないかといわれています。

 

ご自身の身体の事をよく理解し、

生活習慣を見直し、実行することで、

予防できるのことが多いのが糖尿病です。

 

皆さんも、ぜひ、この機会に、

ご自身、ご家族、大切な人と一緒に、

糖尿病について考えてみてください。

 

CATEGORY : お知らせ 

子供神輿

昔、西条市に住み始めたころ、

市民の皆さんのお祭りに傾ける情熱には、

とても驚かされたものです。

 

大勢の男衆に担がれただんじりが、

数日間にわたって町中を練り歩き、

どこから集まってきたのかと思うくらいの人々が、町中に溢れ、

晴れ着姿の娘さんがいたりで、

お正月並み、むしろそれ以上の賑わいでした。

 

・・・には、少々及びませんが、

 

今年も、当クリニックに可愛らしい子供たちが、

雄々しく御神輿を担いでやってきてくれました。

kodomomikoshi1

kodomomikoshi

普段、こんなに大勢の子供たちが、

当クリニックの敷地内に集うことはありませんので、

なんだか、クリニックの景色が一変したようです。

 

子供たちの持っているパワーってスゴイ!

いつも真剣な顔で業務にあたっているスタッフ達も、

思わず顔がほころんで笑顔になります。

 

五穀豊穣と共に、皆さんのご健康をお祈りさせていただきました。

 

 

CATEGORY : お知らせ 

市民公開講座

第53回 日本医学放射線学会秋季臨床大会

市民公開講座 を聴きに行ってきました。

 

演者は、2014年 ノーベル物理学賞を受賞された

中村修二 教授。

演題は、『青色LEDの発明とその後』

img20170927_17291336

愛媛県大洲市出身でいらっしゃると知ってから、

(勝手に)親近感を持たせていただいており、

かねてより一度お話を聴かせていただきたいと

願っていましたので、私にとって、絶好の機会でした。

 

難しい工学のお話などほとんどなく、

発明に至った経緯や、

聴いていてハラハラするようなマスメディアとのやり取りなど、

笑い声に溢れる講演会場で、とても楽しい1時間余りでした。

 

「市民公開講座」は、どなたでも参加することができます。

当クリニックの掲示板に、開催予定の市民公開講座の

ご案内などもさせていただいています。

来院時にでも、眺めてみてください。

 

 

 

 

 

CATEGORY : お知らせ 

日野原 重明 先生を偲んで

聖路加国際病院名誉院長の

日野原重明先生が、7月18日に、

105歳でお亡くなりになられました。

日野原先生の日本の医療への貢献は計り知れません。

国内でいち早く「人間ドック」を開設され、

「成人病」の代わりに「習慣病」という言葉を提唱され、

生活習慣の改善による病気の予防を念頭に、

「予防医学」の重要性を訴えられた先生でした。

 

「よく生き よく死ぬ」

 

医師として、人として、日野原先生の事を、

多くの医療人が、深く心服していることでしょう。

私も、そのひとりです。

 

印象深く残っている日野原先生の言葉があります。

それは、小学生の子供たちへ向けられた言葉でした。

 

「いのちって何なんでしょう?

それはね。君たちが持っている時間です。

是非とも、将来、君たちのその時間を、自分以外の誰かのために

使う事を考えてください。

僕はいま、人生において最も大切だと思う事を

次の世代の人に伝えていく活動をしています。

僕の話を聞いた若い人たちが、

何かを感じ取ってくれて、

僕たちの頭を乗り越えて前進してくれたらいいなと思うのです」

 

合掌

 

 

CATEGORY : その他 

3周年を迎えて

今年も、紫陽花が色づき始める頃となり、

当クリニックは、開院3周年を迎えました。

DSC_0516

DSC_0517

 

あっという間だったようにも思いますが、

一つひとつの出来事を思い返してみると、

やはり3年という年月を感じずにはいられません。

 

信頼される医療機関であり続けること。

そのために、スタッフ一人ひとり、

努力を重ねてきた3年間だったように思います。

 

そして、今年度より、医師(非常勤)をはじめ、

臨床検査技師、放射線技師、看護師、事務スタッフと、

新しいマンパワーが加わりました。

よろしくお願いします。

 

これからも、丁寧、かつ確実な医療を提供する

より良い医療機関であるべく、

初心を忘れず、スタッフ一同、尽力してまいります。

 

暑さが増してきました。

皆さま、熱中症対策には、十分にご留意ください。

 

CATEGORY : ご挨拶 

幸福の黄色いハンカチ

気が付くと、春爛漫。

 

当クリニックの側には、小野川が流れています。

少し前まで黄色い菜の花が、川の土手を彩っていましたが、

今日はすでに、満開の桜が、その花びらを散らし始めていました。

DSC_0500

季節の移り変わりを感じながら、

この土手道を、ジョギングするのが楽しみです。

 

そしてジョギングをしていると、時に、

思わず足を止めてしまうような発見もあるんです。

先日は、こんな黄色いハンカチの列に、立ち止まり、

ついつい見入ってしまいました。

1491722980548

1491722985231

1491722989528

 

黄色いハンカチに、夢を描いた子供たちも、

きっとこの新年度に、新しい環境で、

第一歩を踏み出していることでしょう。

いいこと、たくさんありますように!

 

映画「幸福の黄色いハンカチ」を

思い出したジョギングのひと時です。

 

CATEGORY : マラソン 

講演会へのご参加、有難うございました

1月12日(木曜日)

「住民参加型健康づくり組織支援事業」の一環として、

松山市保健センター南部分室にて、講演会を開催しました。

今回は、

「メタボリック症候群撃退法

健康寿命を延ばすために今日から皆さんができること」

という題目で、約90分のお時間をいただきました。

寒い中、大変に多くの方に足を運んでいただきました。

 

まさしく、日々、私たちが繰り返している、

生活習慣の中に、重大な病気を引き起こす原因が

隠れていることがあります。

そのことを少し意識して、日々を送っていただくだけでも、

10年後、20年後、随分と違う結果が表れてくるかもしれないのです。

このようなお話をさせていただきました。

少しでも皆様の意識付けのお役に立てたのなら幸いです。

 

ご清聴ありがとうございました。

DSC_0447

CATEGORY : お知らせ 

あけましておめでとうございます

2017年の幕開けを、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

私は、恒例の

「新春城山登山マラソン大会」

に参加してきました。

 

西堀端の城山公園広場を出発し

城山山頂を目指します。

1483273963384

今年は、お天気に恵まれ、

晴れ渡る青空の下、

気持ちの良い汗をかきました。

1483273958072

2017年が、みなさまにとって

より良い一年となりますように

お祈り申し上げます。

そして、みなさまのご健康のために、

スタッフ一同、今年も尽力してまいります。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

1483273967591

 

CATEGORY : お知らせ 
1 / 512345