星の岡心臓・血管クリニックブログ

September2017

市民公開講座

第53回 日本医学放射線学会秋季臨床大会

市民公開講座 を聴きに行ってきました。

 

演者は、2014年 ノーベル物理学賞を受賞された

中村修二 教授。

演題は、『青色LEDの発明とその後』

img20170927_17291336

愛媛県大洲市出身でいらっしゃると知ってから、

(勝手に)親近感を持たせていただいており、

かねてより一度お話を聴かせていただきたいと

願っていましたので、私にとって、絶好の機会でした。

 

難しい工学のお話などほとんどなく、

発明に至った経緯や、

聴いていてハラハラするようなマスメディアとのやり取りなど、

笑い声に溢れる講演会場で、とても楽しい1時間余りでした。

 

「市民公開講座」は、どなたでも参加することができます。

当クリニックの掲示板に、開催予定の市民公開講座の

ご案内などもさせていただいています。

来院時にでも、眺めてみてください。

 

 

 

 

 

CATEGORY : お知らせ 

日野原 重明 先生を偲んで

聖路加国際病院名誉院長の

日野原重明先生が、7月18日に、

105歳でお亡くなりになられました。

日野原先生の日本の医療への貢献は計り知れません。

国内でいち早く「人間ドック」を開設され、

「成人病」の代わりに「習慣病」という言葉を提唱され、

生活習慣の改善による病気の予防を念頭に、

「予防医学」の重要性を訴えられた先生でした。

 

「よく生き よく死ぬ」

 

医師として、人として、日野原先生の事を、

多くの医療人が、深く心服していることでしょう。

私も、そのひとりです。

 

印象深く残っている日野原先生の言葉があります。

それは、小学生の子供たちへ向けられた言葉でした。

 

「いのちって何なんでしょう?

それはね。君たちが持っている時間です。

是非とも、将来、君たちのその時間を、自分以外の誰かのために

使う事を考えてください。

僕はいま、人生において最も大切だと思う事を

次の世代の人に伝えていく活動をしています。

僕の話を聞いた若い人たちが、

何かを感じ取ってくれて、

僕たちの頭を乗り越えて前進してくれたらいいなと思うのです」

 

合掌

 

 

CATEGORY : その他