星の岡心臓・血管クリニックブログ

その他

2020東京オリンピック

今年も、もう5月が終わろうとしています。

月日が経つのは、本当に早いですね。

 

2020年の東京オリンピックも、

ついこの間、誘致が決定したような感覚でいたら、

もう2年後には、オリンピック開催と、迫っていました。

メイン会場となる、新国立競技場の工事も進んでいるようです。

 

この、新国立競技場。

隈 研吾氏のデザイン案が採用と決まった時、

正直、ヤッター!と思いました。

 

と、言うのも、高知の梼原町にある、

「梼原 橋 ミュージアム」は、隈 健吾氏の作品なのですが、

その、自然に違和感なく溶け込む特徴的な建築物が、

とても、印象深く心に残る、私の好きな建物の一つだからです。

DSC_0546

DSC_0547 (1)

どこか温かみを感じる、懐かしいような…

木々を組み合わせた橋の部分は、

真下から見上げることができるのですが、

とても不思議な、興味深い造りをしています。

 

新国立競技場は、どのような建物になるのでしょう。

完成が、今からとても楽しみです。

 

 

CATEGORY : その他 

日野原 重明 先生を偲んで

聖路加国際病院名誉院長の

日野原重明先生が、7月18日に、

105歳でお亡くなりになられました。

日野原先生の日本の医療への貢献は計り知れません。

国内でいち早く「人間ドック」を開設され、

「成人病」の代わりに「習慣病」という言葉を提唱され、

生活習慣の改善による病気の予防を念頭に、

「予防医学」の重要性を訴えられた先生でした。

 

「よく生き よく死ぬ」

 

医師として、人として、日野原先生の事を、

多くの医療人が、深く心服していることでしょう。

私も、そのひとりです。

 

印象深く残っている日野原先生の言葉があります。

それは、小学生の子供たちへ向けられた言葉でした。

 

「いのちって何なんでしょう?

それはね。君たちが持っている時間です。

是非とも、将来、君たちのその時間を、自分以外の誰かのために

使う事を考えてください。

僕はいま、人生において最も大切だと思う事を

次の世代の人に伝えていく活動をしています。

僕の話を聞いた若い人たちが、

何かを感じ取ってくれて、

僕たちの頭を乗り越えて前進してくれたらいいなと思うのです」

 

合掌

 

 

CATEGORY : その他 

荻原健司さんを囲む会

11月19日(土)、20日(日)の両日開催された、

第5回 道後湯けむり遍路道ツーデーウォークに、

今回ゲストとして参加されたのが、荻原健司さんです。

アルベールビル・オリンピック、

リレハンメル・オリンピックで、金メダルを獲得。

「キング・オブ・スキー」と、世界から称賛され、

日本の国旗を掲げてゴールするなどの

荻原選手のパフォーマンスは、

記憶の中に鮮やかに残っています。

今回、その荻原健司さんに、直接お会いしお話を聞ける

絶好の機会をいただきました。

感じ入るものがあまりにも多くて、

うまく言葉に表現できませんが、

荻原健司さんの魅力に圧倒された数時間でした。

dsc_0420

現在、若手選手の指導に携わっていらっしゃるとのこと。

2年後の平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)が、

とても楽しみです。

 

 

CATEGORY : その他 

全日本大学女子駅伝 松山大学初優勝!

%e6%9d%be%e5%b1%b1%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%a5%b3%e5%ad%90%e9%a7%85%e4%bc%9d

10月30日(日曜日)

テレビの前にくぎ付けになって応援しました。

素晴らしい個人力。

素晴らしいチーム力。

ひとりひとりの想いのこもった襷が繋がり、そして、結果が優勝です。

感動しました。勇気と力をいただきました。

有難うございます!

そして、お疲れ様でした!

 

CATEGORY : その他 

お見舞い申し上げます

自宅の庭には、モッコウバラがあります。

DSC_0315 (1)

 

このモッコウバラ。

引っ越しの度に、

根を切られ、掘り起こされ、強剪定され、

それでも、こうして新しい土地で根付き、春には、

白い可愛らしい花をたわわに咲かせてくれます。

 

5年前の東北地方で起こった未曽有の大震災の2か月後も、

我が家の庭では、このモッコウバラが花を咲かせていました。

その生命力と逞しさを感じながら、

遠地で復興に立ち向かう人々のことを想いました。

 

そして今年も、こうして我が家の庭には、モッコウバラが、

愛らしい花をいっぱい咲かせて、道行く人々をも

楽しませてくれています。

 

この度の熊本地方で起こった地震災害。

 

心からお見舞い申し上げます。

この地で、私たちに出来ることを、

考えていかなくてはならないと思っています。

 

 

 

CATEGORY : その他 

愛媛O2会 会報

2003年1月20日発行の「愛媛O2会会報」です。

 

記事1

記事2

記事3

 

ひとりの患者さんが、

「先生、載ってましたね」

と、持ってきてくださいました。

今から、約16年前、

国立療養所愛媛病院

(現在の独立行政法人国立病院機構 愛媛医療センター)

に勤めていた時に、私が書いた記事です。

 

16年前の軌跡に触れ、

あいも変わらず、心臓病疾患と向き合う人生を送っていますが、

それにつけても、若いっ!

16年の月日の流れを思い知りました。

 

記事を持ってきてくださり、有難うございました。

 

 

 

CATEGORY : その他 

がんばっていきまっしょい!

この度、母校・松山東高校が、第87回選抜高校野球大会に出場することになりました。

21世紀枠で、82年ぶり、2度目の甲子園です。

思い存分、悔いのない試合をしてきてください。

応援しています!

 

20150227

CATEGORY : その他